銀座カラーのペナルティについて詳しく解説!

 

当日キャンセルや遅刻などに対して、多くの脱毛サロンでは「ペナルティ」があります。

 

急用や突然の体調不良でやむを得ず施術に行けなくなる日もありますので、ペナルティについては事前によく理解しておきましょう。

 

では、銀座カラーのペナルティは、どのようなものになっているのでしょうか。

 

銀座カラーで遅刻やキャンセルをしたときのペナルティについて、お話していくことにします。

 

 

銀座カラーで遅刻やキャンセルをしたときのペナルティとは?

 

遅刻した場合

 

まず、遅刻をした場合についてです。

 

銀座カラーでは、予約時刻から15分以内の遅刻であれば、予定の施術を受けることができます。

 

多くの脱毛サロンでは、数分の遅刻でも施術を減らされてしまうので、優しめのペナルティと言えるでしょう。

 

 

しかし、15分以上20分未満の遅刻ですと、銀座カラーでも同様に予定のメニューを省略して施術を行います。

 

この点については、注意が必要ですね。

 

 

また、20分を過ぎて遅刻をしてしまうと、予定の施術がすべてキャンセルになってしまいます。

 

そうなると、1回分の施術を、何もせず消化されてしまうことになります。

 

ですので、時間にはゆとりをもってサロンに行くようにしたほうがいいですね。

 

 

当日キャンセル

 

銀座カラーでは、当日キャンセルの場合には1回分の施術が消化されてしまいます。

 

当日キャンセルには、結構厳しいイメージですね。

 

 

ただ、20分未満の遅刻であれば、メニューは省略されてしまうものの、1回分の消化にはなりません。

 

ですから、遅刻しそうな場合でも、キャンセルするよりはサロンに行ったほうが良いと言えるでしょう。

 

 

当日無断キャンセル

 

銀座カラーの当日無断キャンセルは、当日キャンセルと同様に1回分の施術が消化されます。

 

無断キャンセルというのは、サロンにとっても大変迷惑なことですので、絶対に避けるようにしたいものですね。

 

 

キャンセルは前日までに!

 

銀座カラーにおいて、施術が消化されないキャンセルの期限は、前日19時までとなっています。

 

急用ができて施術に行けなくなったとわかったら、前日の19時までに必ず連絡をするようにしましょう。

 

それまでに連絡を入れれば、1回分の施術が消化されてしまうのを防ぐことができますから、とても重要ですよ!

 

 

 

 

銀座カラーのペナルティは、このようになっています。

 

どんな場合でも罰金がないことが特徴ですが、場合によっては罰金より1回分の施術を消化されてしまうほうが損をします。

 

なので、スケジュール管理は、しっかりとするようにしましょう。

 

急用が入りそうな場合や体調がすぐれない場合は、予約前日の19時までに必ずサロンに連絡を入れるようにしたほうがいいですね。

 

 

銀座カラーにはどんな口コミがあるの?